妖艶さが十分にクローズアップされた内容

『銀行員 蛇縛の拘禁横領』は、舞田奈美の単体出演作品です。
舞田奈美といえば、90年代後半に活躍をしていたAV女優です。
一昔のエロ動画が好きだという人の中には、知っている人も多いのではないでしょうか。
舞田奈美は美形でもありかわいらしさもある女優ですが、この作品の中ではその妖艶さが十分にクローズアップされた内容となっています。
内容としては、深夜の銀行で横領をしようと舞田奈美がたくらむところからはじまります。
そして、その横領現場を警備員に取り押さえられてしまい、制裁を加えられることになってしまいます。
男性側が女性に対して暴行をするというのではなく、女性に対する制裁という形で、プレイが始まっていくのです。
この動画でのメインとなるプレイは、タイトルにもある「縛り」、つまり縄による緊縛です。
縄からはじまり、さらにプレイの内容はどんどん激しいSMプレイに発展していきます。
舞田奈美の美しい表情が、M役となってゆがんでいく様は、男性の欲求に十分に訴えかけるものがあるでしょう。
プレイの内容は縄での縛り、片足吊り、バイブ、ロウソク、そして最後には逆さ吊りと非常にハードなものばかり。
濃いSMマニアにとっても、全体を通して満足できる内容になっているのではないでしょうか。
しかし、一点だけ難点があるとすれば、それは画面全体が常に暗くなってしまっていることです。
せっかくの舞田奈美の表情がゆがむところを、この画面の暗さによって見えにくくなってしまっているところが多くあり、それが残念でもありますが、それ以外の部分ではおおむね満足できるでしょう。
エロ動画の趣向の中で特にSMが好き、SMに興味がある人は、手に取ってみても損はないかと思います。
舞田奈美は今見ても十分に美形の女優なので、ファンの人にとっても満足できる趣向なのではないでしょうか。
舞田奈美がその辱めによって泣き顔になるようなシーンは、初見であってもぞくぞくさせる何かがあります。